我が家のタオル掛け version2

洗濯ばさみをフェイクグリーンで飾ったので、花壇をイメージした飾りを付けました。
この花壇が壁紙を保護するプロテクターの役割をします。


▼タオル掛け 壁紙の保護
ka5


花壇の材料

  • アイスの棒 4本
  • 塗料 色:ウォールナット
  • ココナッツファイバー 少し
  • アイスの棒の下につける板など
  • 接着剤



作り方

  1. アイスの棒を塗装する
  2. アイスの棒を半分の長さに切る
  3. アイスの棒を並べる順番を決め、仮止め
  4. 裏に土台となる板などを固定する
  5. 紐などで雰囲気をつける



製作

1. アイスの棒を塗装

アイスの棒を、お気に入りの色で塗ります。

▼ウォールナットで塗装しました
ka1a
綺麗に塗るのも良いですが、今回は色に変化をつけてみました。
瓶の中の塗料も混ざり具合で色が変わるので、かきまぜる前の塗料や、塗る濃さなどを変えながらの塗装です。

※ アイスの棒、工作用で販売されているものならばそのまま利用可能。
  食べたアイスの棒であれば、煮沸消毒し良く乾燥させてから使いましょう。


2. アイスの棒を半分の長さに切る


今回使用したアイスの棒は 115mm だったので、57.5mm で切断しました。
使った道具はカッター。
※ アイスによって、棒の長さが異なるかも知れません。


3. アイスの棒を並べる順番を決め、仮止め

▼気に入った順に並べます
ka2a
それから上下を借り止め。
その下につける土台を作ります。
少し小さく作りましょう。
今回は下敷きのような厚さのものを利用しました。


4. 裏に土台となる板などを固定する

▼土台となる板などを、接着剤で固定します。
ka3a
接着剤が固まるまで上に重しを置いておきます。


5. 紐などで雰囲気をつける

接着剤が乾くまでの間、ココナツファイバーで三つ編みしていました。

▼紐はココナッツファイバーを三つ編み
ka4
ココナッツファイバーの太さがそろわないので、綺麗な三つ編みになっていませんが、雰囲気が出てればOKです
プランター風に下を少し狭く作っても良いですね。
私は花壇風にしました。


設置

剥がせるタイプの両面テープ等で固定します。

我が家では、マスキングテープを輪にして位置合わせをしました。
そのまま使用していますが、剥がれ落ちること無く使えています。
洗濯バサミが上から押さえつけているので、それで大丈夫そうです。



設置を終えて

家族には好評でした。
最初は目立たない色のプラスチックなどで、壁の保護ができればと考えていたのですが、気に入ったものが無かったのでちょっと作ってみました。
アイスの棒4本と紐の代わりがあればできるので、とても簡単。
これだけで雰囲気が変わるので、ちょっとビックリです。


▼角度を変えて
ka6










  



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


リビングでDIY - にほんブログ村