2020/06/08 

車に電気製品を追加する時、その電源はどこから取っていますか?

以前は、
常に電気を流しておく必要がある、高性能ナビやETC等はどこから電源をとろうかと考えながら取り付けたものです。

でも今は、シガーライターのソケットから給電するタイプの電機製品が増えました。
移動式ナビ、カーレーダー、ドライブレコーダー、スマホやタブレット給電。
空気清浄機などもシガレットライターのソケットから利用するものが増えてきましたね。

停車中も稼働しているドライブレコーダーは別電源を取り付けたり工夫が必要ですが、シガーライターからの給電は簡単に設置できるために増加中です。

私もシガーライターのソケットを分岐する製品を使っていますが、沢山の電気を必要とする場合、電源も数カ所から取ることで、1本のケーブルに無理がかからないようにしています。

基本的にはヒューズボックスにある使われていない配線を利用したりしています。
具体的には使用する電力が関係してきますので、車に詳しい方に聞きながら進めると良いと思います。



今回紹介するUSBチャージャー

▼Anker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポート USBカーチャージャー)
1
2口のUSBジャックがついています。
どちらも 2.4A の出力が可能で、スマホ充電や、タブレット充電が同時にハイスピードでおこなえます。
形状からすると、シガーソケットより少し飛び出し、抜き差しがしやすくなっています。
ケーブルの抜き差しが多い型には便利だと思います。

また、現在この新製品として、ほとんどがシガーソケット内に納まるタイプも販売されています。
お好みで選べますね。

amazonamazon



同時に購入したUSBケーブル

▼microUSBケーブルも新調
4
Rampow Micro USB ケーブル
1mの長さのケーブルが2本。
丈夫なナイロン編みです。
2.4A急速充電対応ケーブルで高速データ転送や7000回+の折曲げテスト実施により、耐久性も保証されています。

▼こんな感じでささります
5


使ってみて

実際に使用して感じることは、microUSB端子がカチッと入るしっかりし感と、丈夫なナイロン編みにしては取り回しが楽なケーブルだということ。
充電スピードも問題ありません。
今まで他のスマホについてきた思われるケーブルを使用していましたが、充電に何時間もかかり不便を感じていました。
今回このケーブルに交換しただけでその悩みは解決。
気分良く使っています。

1本は車の中で使用。
もう1本は家の中で毎日使っていますが、便利です。
1mという長さも使いやすい長さだと思います。





  



にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


リビングでDIY - にほんブログ村