2019/09/11 
二階トイレ蒸し暑さを改善のため、いろいろ試してみました。

試したこと

  1. 小型扇風機をトイレ内に設置
  2. トイレと廊下の窓に、遮光ネット
  3. 部屋だけで無く、廊下も冷やす
  4. トイレ使用中以外はドアを開けたままにする
  5. 階段下に、厚手のカーテンを設置
  6. 階段上に、ポリカを設置

※ 二階廊下の天井に取り付けた換気排熱ファン は、稼働させています。
  一階の熱い空気が二階に溜まるのを避けたいからです。
  それがどのように影響するかは確認していません。

  また、室内外、温度変化等を時間と合わせながら測定したものではありません。
  きわめて感覚的なものですので、ご了承下さい。


1. 小型扇風機をトイレ内に設置

▼設置した扇風機(首振りモード)
1a
窓に向けての送風は、効果を感じられませんでした。
熱い空気が外から入ってくる量が勝っていました。

窓を閉めてトイレ内部の空気をかき混ぜるのも、単独では難しいですね。
他の5項目と合わせて使用することで効果を感じられました。
ちょっと涼しいな程度ですが、体調が悪い時には助かります。


2. トイレと廊下の窓に、遮光ネット

窓から入ってくる熱量はとても大きいです。
直射日光が当たらない窓でも効果を感じられました。
風通しの悪い窓なので、締めて廊下も冷やすことにしました。


3. 部屋だけで無く、廊下も冷やす

ちょっと大きめのエアコンが付いた部屋のドアを少し開け、扇風機で送風をしました。
効果はありますが、階段から下に流れてしまい、今ひとつ。
他の項目と合わせて使うことが効果的。
しかし、エアコンを付けている部屋の涼しさは半減。
エアコンの送風を自分に向けて使うなどの工夫が必要と感じました。


4. トイレ使用中以外はドアを開けたままにする

廊下と同じ温度になるように、使用時以外はトイレのドアを開けたままにします。
トイレ内に設置した扇風機も動かしていれば、廊下もトイレも同じような温度になりそうです。
猛暑日のトイレ内は危険ゾーン。
期間限定の対処ですが、ありだと思います。


5. 階段下に、厚手のカーテンを設置

廊下と階段を仕切るように、厚手のカーテンを設置。
効果は感じられますが、カーテンの向こうに誰かいても見えません。


6. 階段上に、ポリカを設置

階段下に冷気を逃がさないようにポリカで少し壁を作りました。
ポリカの廃材を置いただけなので、隙間もあります。
磁石でピタッと付くようにすると良いと思いながら使用中です。

▼ポリカの廃材を使って
1a
ポリカがこれだけしかなかったので、このサイズがベストというわけではありません。
もう少し上まで塞ぎたいところですが、階段を使っていると結構良いサイズ。
あまり高いと、階段を上ってきた時に頭をぶつける感じです。
階段の段差分高さが増すので、ポリカの移動が無理なくできる高さにとどめました。

▼下に滑り止め
2a
他の目的で購入した滑り止めの残りを左右に設置。
二つに折って、マスキングテープで止めているだけ。

これが無いと、いつの間にかポリカが倒れていることが多いです。
扇風機の風、ドア開閉時の空気の流れ、置いた時の角度等が影響していると思います。



二階のトイレの暑さ解消になったのか

この6項目すべてをおこなうことで、トイレの暑さ解消になったと思います。
実際にトイレを使用すると、扇風機の風が涼しく感じられます。
また、一階の階段昇降口に付けたカーテンも効果は大きいです。
一階廊下の熱を遮りながら、二階エアコンの冷気を逃がさないように壁の役割をしています。
勿論、人の動きがあるので完全な遮断ではありません。
最後に設置したポリカの壁も効果がありました。
設置の方法や大きさは、使用期間を考えるとこのままで良いのかなと思っています。

後からやってくる電気代の請求額が恐いですが、
体調を崩すのは避けたいです。
夏を乗り切るための対策としては良い感じです。






  
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村