ミルクペイント for ガーデン

ガーデンテーブルの再生で使った塗料ですが、

他の材料に塗ったらどんな感じかな?



それを知りたくて、

塩ビ管、板、ペットボトルなど

いろいろと試してみました。


今回は、

木製品の調味料入れを塗装してみました。




完成品使用中


▼ジーンズブルーが、いい感じのアクセントに
DSC06859a
何年も使用してきたので、

壊れているところもありますが

今回は木製の枠に注目してね (^_^;




作業の様子

現在も使用中の調味料入れ。

ヤスリがけもせずに、

軽く水拭きして

すぐ塗装。



(^_^;)\(・_・) オイオイ、

そんなんでいいのかい?



下地処理は大切でしょ!



そう思いながらも塗っちゃいました。


▼ジーンズブルーで塗っちゃいます
1
マスキングテープも使わずに塗り始めてしまいました。

こげ茶の板の上に直接塗っていますが
下地の色に関係ないように塗れます。

重ね塗りもバッチリといった感じです。


▼乾燥中
2
青いところが、ミルクペイント。
茶色いところは、ステインタイプのウォルナット。


ミルクペイントで統一せずに
ステインのウォルナットを使ってみましたが
深い意味はありません。


家にあった塗料を使っただけです。



せっかくあるのだから、
使っちゃいましょ。


ステインとのコラボも悪くないですよね。


▼こんな感じになりました
3


キッチンは、

油がはねたり汚れやすいので、

トップコートしておきましょう。


せっかく前回購入したので、
使わなくちゃ勿体ないです。


▼トップコートを1回塗ったところ
4

ツヤがでて、
保護されている感じ。

いい感じになったかな?


トップコートをもう一度塗って完成です。


▼使用中の写真(再掲)
DSC06859a




製作を終えて

ジーンズブルーの青色が、
いいアクセントになっているように思えませんか?


あとは、
この調味料入れに合うプラケースがあると嬉しいところ。

今度探してみたいと思います。