数年ぶりの体験

毎週 ○曜日は燃えるゴミ
   ○曜日は危険物
 
そうやって出すゴミ類も
袋に入れて持って歩くには重かったり
袋が破けそうなこともありますよね

あーっ
これ出すの忘れたー
なんてことも (^_^;)


そこで

直接
ゴミ処理場へ
持ち込みで行ってきました



ゴミ処理場での流れ

まずは計量

車に乗ったままでOK
そこで指示され
○色のラインに沿って進みます


次はゴミ捨て

ゴミの種類によって入れるところが違うので
係員さんの指示に従って
ポイポイッ と 投げ入れます。


そして最後にまた計量

これで処分したゴミの量が判るんですね
最初の計量 - 2回目の計量 = ゴミの重さ
ドライバーさんの体重や
人数は関係有りません (´▽`) ホッ

これで完了




となるはずが

やっちゃったー


ゴミをポイポイしたことで
気分も軽く
あとは計量だけ~ ♪ ♬
と進んでいたら
前に 1台 の車発見


あそこだねぇ
と近寄っていきました

車の前輪をのせて気づきました

やっちゃったー

前の車が計量するところなのに
計量台に乗っちゃいましたー

「すみませーん。」


少しバック
ちょっと恥ずかしかったな
(。・・。)ポッ


でも
少しゴミを処理できて良かったよー


やさしい係員さん
ありがとうございました

次来る時は
気をつけます



有効利用


ゴミを処理する熱で

発電したり
温水プールにしたり
有効利用しているので

すごいなー

思いました


▼ゴミ処理施設より 送電線
ゴミ処理施設a



  
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村