ガーデンテーブルと椅子が雨ざらし

使用しているガーデンテーブルとチェアは樹脂製で、数年間雨ざらしが続いてきました。
そのため劣化が進み、テーブルは触れた手が白くなる状態。
椅子については2代目ですが、座るには危険レベルとなり廃棄処分済みです。

そんな状態で残ったテーブルですが、外で作業するのに結構便利で、高さが丁度良い感じ。
だいぶ汚れていますが、ぐらつきもなくまだ使えそうです。

買い換えれば良いんじゃ無いの? と、思うこともありますが、研磨して塗装をしてみたいと思います。DIYのお勉強代ですね。
その経験が役に立つこともあるかも知れません。



今回チャレンジするのはこのテーブル

▼これでも水洗いをしたあと
1



▼テーブル周りと脚の状態
2s

なかなかの汚れ具合。

猛暑の中で作業を続けるのも大変なので、一度家の中に運びます。


▼汚れ落ち比較
3s

左:スポンジヤスリ(セリア) プラスチック・金属・木製品の仕上げ用
右:メラミンスポンジ 光沢のないステンレス・プラスチック・タイルなどに


▼少し磨いてみました
4s

左:スポンジヤスリ 仕上げ用なので、ざらついたテーブルには合わなかったです。
右:メラミンスポンジ きれいになりますが、広い面積だと大変かと。

結局外に出て、サンダーで磨いてみました。

天板のみ少しサンダーをかけてみましたが、研磨された粉が天板の凸凹をうめていくように感じたため、粉を除去しもう一度室内へ入れました。

外に出したり、家の中に入れたりと、忙しいです (^_^;)



軽く研磨しただけでも違いがありましたが、スクレーパーで剥がしてみると下の写真のようになりました。


▼スクレーパーで、劣化した表面を剥がします

5s
結構簡単に削れます。
集塵機能付きのサンダー持っていないので、このほうが作業しやすい気がします。

天板は、スクレーパーで劣化した表面を剥がしていこうと思います。




  
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村