前回の続き。椅子のぐらつきを修理します

前回は、ボンドを入れて、コーススレッドで少し固定したところまでいきました

今回はその続きです。



椅子のぐらつきや、隙間が広がっていたところ

写真に番号を付けました。
① 一番ぐらつきが多い
② 二番目にぐらつきが多い
③④は②と同じ程度にぐらつきが覆い部分でした
⑤ 二本のダボで接合され、隙間が開きはじめていた


▼ぐらつきの多い順
isu3an


特に①は酷く、ほぞ継ぎで、隠し釘が三本使われていたところです。
②③も、ほぞ継ぎで、隠し釘が一本使われていました。
④も、ほぞ継ぎ。隠し釘が三本使われていました。
⑤は、ダボ接合で、隙間が少しありました。


①の修理

板を添えて厚みを出します。

▼補う板を加工
isu7
椅子の脚に合わせて形や厚さを調整しました。

▼取り付けの様子
isu8a
写真では判りづらいですが、1mm程度の段差があります。

その段差に合わせて板を削り、ボンドとビスで固定しました。


▼加工後
isu9
この箇所だけで五本のビスを使っています。


②③の修理

▼ここも 75mm の半ネジタイプを使いました
isu10a
22mm 厚の板に、14mm 厚のほぞが入っていました。
コーススレッドが、 14mm の板から飛び出さないように注意して加工しました。


④の修理

ほぞ継ぎでした。①の背もたれに引っ張れる形で隙間が出ていました。
ここも 75mm のコーススレッドを使い固定しました。


⑤の修理

ダボが2本使われていたので、その間に下穴あけて固定しました。


▼ここでも 75mm を使いました
isu11
ほぞやダボが抜けないように三カ所をとめました。


あとは座板を固定して完了です。


▼完成しました
isu_kan



修理を終えて

結局、ほぞやダボが抜けないように、全方向で固定となりました。
コーススレッドは、一カ所につき二本打ち込みたいところもありますが、ほぞ穴やダボ穴も空いているので無理しないことにしました。

椅子は移動したり、力が加わったりとどうしてもほぞやダボが抜けやすいです。

また、隠し釘が飛び出すのを待つより、早めに固定した方が良いということが言えそうです。

今回の修理でぐらつきの無い椅子に戻りましたが、様子次第で、手を加えていきたいと思います。


今回利用した道具や工具

マキタのインパクトドライバー 14.4v
バランスが好きなのですが、持っただけで水平に穴を空けやすいですね。
力があるので、ドリルの先端をあてているだけで下穴が開いていきます。
押し込むように力を入れなくて良いので、狂いも無く、狙ったところにドリルが入っていきました。





  
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村