洗濯機置き場を使いやすくしたい。
そんな思いから洗濯機上の空間に棚を作ることにしました。

以前、洗濯機の上に乾燥機を設置するタイプを使っていました。
現在はシンプルな洗濯機を使っているので、洗濯機上のスペースはがら空きです。
そこで、このスペースを活用して棚を作りたいと思います。


洗濯機上のスペースを有効活用するために棚を作る

製作手順

  1. 棚受けを設置
  2. 棚を載せる

▼窓の上に棚受けを設置(左側)
DSC01906
窓の周りには、窓枠を固定するための下地が入っています。
その下地に合わせて棚受けを固定しました。
下地センサーで下地の位置を、水準器で水平を確認して固定しましょう。

下地センサー

水準器


▼下地を探して棚受けを固定(右側)
DSC01907
この棚受けの取り付けで確認すること
  • 棚が水平になる
  • 下地の位置を調べる
  • 棚受けの水平を取る
これらを確認しながらの固定が大切です。

下地の位置はかなり奥で、ドリルドライバーを壁に押しつけてぎりぎりの位置でした。
重たいものを載せる可能性もあるので、下地にしっかり固定したいところです。


完成

▼塗装しました
DSC01908


棚のサイズ(単位mm)

 棚受け 長さ 450 × 幅15 × 厚さ12
 棚   長さ 約800 × 奥行き 210 × 厚さ12

大きな棚板を載せると明かりを遮り暗くなってしまいます。そこで後から工夫できるように余裕をとっておきました。
また、下地の位置の関係で、棚受けの長さを450mm としました。


思いもよらぬ使い道

▼突っ張り棒 ではなく 引っかけ棒?
DSC01910
棚受けに、下に落ちない突っ張り棒が載っていました。


▼こんな感じで使っています
DSC01909
ハンガーや小物干しを使い、布巾や洗濯ネット等を干していました。
ちょっとしたものを吊すのに丁度良いようです。
一日に 2~3回 洗濯するので、続けて使う洗濯ネットを吊すのにはとても便利です。
左の窓から風が抜け、布巾などはすぐに乾きます。

便利に使っているようですが、棚の下にはまだ余裕があります。

▼洗濯機と棚の位置

DSC01912
この空間に、もう一つ工夫ができますね。
でもその前に、カラーボックスを利用した洗濯機横の隙間収納ができました。


カラーボックスの天板を拡張したものですが、とても便利です。







  
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村